草葺き屋根の民家を描き続けた画家、向井潤吉は、つねに現場におもむき、誇張のない的確な写実表現によって、民家のありのままの姿とともに、日本の風土の美を描き出しました。戦前より二科会で活動し、戦時中は作戦記録画を制作、戦後は行動美術協会を結成するなど、つねに洋画壇の中心で活動しつつ、失われゆく民家を訪ねる旅にその半生を捧げました。1933年に世田谷区弦巻にアトリエ兼住居を構え、亡くなるまで同地に住み続けました。




   <略歴譜>  
   1901(明治34) 11月30日、京都市下京区に生まれる。
   1914(大正3) 京都市立美術工芸学校予科に入学。
   1916(大正5) 京都の関西美術院に入学。人物のデッサン・油彩画の基礎を学ぶ。 
   1919(大正8) 第6回二科会展に初入選 
   1920(大正9) 上京、川端画学校に通う。 
   1927(昭和2) 初の渡欧。パリのルーヴル美術館で、古典名画の模写を重ねる。 
   1930(昭和5) 帰国後、第17回二科会展に滞欧作11点を特別出品、樗牛賞を受賞。 
   1933(昭和8) 世田谷区弦巻にアトリエ兼住居を構える。 
   1937-44
 (昭和12-19)
従軍し、作戦記録画の制作に従事する。
   1945(昭和20) 生涯の主題となる民家を描きはじめる。行動美術協会を創立。 
   1959(昭和34) 渡欧。ヨーロッパ各地を写生し、巡る。 
   1962(昭和37) 61年(昭36)年に不審火にて焼失したアトリエを再建。 
   1969(昭和44) 岩手県一関市より土蔵を移築。母屋とあわせ、現在の向井潤吉アトリエ館の原型となる。
   1974(昭和49) 東京セントラル美術館で「画業60年記念向井潤吉環流展」を開催。 
   1993(平成5) 自宅を兼ねたアトリエと、その土地ならびに、所蔵の作品を世田谷区に寄贈。向井潤吉アトリエ館が開館。
   1995(平成7) 11月14日、急性肺炎で自宅において逝去。享年93。