向井潤吉 民家への旅路

2020年6月2日(火)〜10月4日(日)


《春映》[岩手県上閉伊郡宮守村]1976

※[ ]内の地名の表記は、制作時の記録等に基づきます。


向井潤吉アトリエ館は、洋画家・向井潤吉(1901-1995)が自宅とアトリエを
作品とともに世田谷区に寄贈し、世田谷美術館の最初の分館として1993年に
開館しました。昨年秋より空調設備などの改修工事のため休館していましたが、
この春、半年ぶりに再開いたします。

本展では、失われゆく草葺屋根の民家を追いつづけ、戦後40年間にわたって
日本各地を旅した向井潤吉の油彩作品を、実際に使用した絵画道具や地図、
記録写真、旅の思い出に持ち帰った民芸品などとともに展示します。東北地方や
長野、京都など、向井が特に足繁く通った地域の民家を中心に、四季折々の
自然にいだかれる民家の佇まいを、向井の民家への旅路をたどる資料とあわせて、
じっくりとお楽しみいただければと思います。

旅する画家のやすらぎの空間であり、日々絵筆を揮った仕事場でもあった自宅とアトリエ。
その趣を、今もそのままに伝える向井潤吉アトリエ館に、ぜひお越しください。


●展覧会チラシ(PDF)

●年間スケジュール